キャッシングの審査における属性とは

キャッシングの審査では、返済能力を調べるため必ず属性を確認されます。属性とは、収入や職業、年齢といった個人情報を意味します。属性の審査では、主に安定した収入があり、毎月継続して返済できる能力をチェックされます。 特に重要視されるのが年収で、キャッシングを行う業者によっては勤務先や勤続年数、住宅ローンや家賃の負担額なども審査の対象となります。年齢の審査の場合、収入が安定する働き盛りの20代後半から50代前半までが審査に通りやすいのが特徴です。職業では、公務員や民間の有名企業に勤務している正社員が高評価とされています。反対にアルバイトやパート、派遣社員などの、いつ辞めるかわからない職業は評価が低くなりがちで、審査に通っても多額の貸付けは難しいのが現状です。また、高収入でも自営業や個人事業主の場合は安定した職業と見なされないため、評価が低くなる場合があります。専業主婦は無収入ですが、配偶者の収入や職業によっては貸付けを行う業者も存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です