キャッシングで必要な身分証明書の種類

キャッシングの申し込みを行う時は、本人確認のための身分証明書を提出する必要があります。web申し込みなど、オンラインを通じての申込みの場合は、画像データを送付します。キャッシングでは運転免許証や健康保険証、パスポートなどを提出するのが一般的ですが、高額融資を申し込む場合には信頼性の高い運転免許証が最適です。身分証明書として使えないものには住民票があります。住民票は正当な目的がある場合に限りますが、他人の住民票を取得できるからです。身分証明を行う以外に、安定した収入があることを証明するため、所得証明の書類を求められる場合があります。しかし、借入希望額が50万以下で消費者金融系の業者を利用する場合、所得証明が不要な場合が大半です。消費者金融系からお金を借りる場合、総量規制の決まりにより収入が無い専業主婦は借入を行うことができません。反対に、銀行系の業者ならば総量規制の適用範囲外なので、専業主婦でもお金を借りることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です